住宅ローンは将来の足かせ?

日本人に代表される言葉に一生懸命という言葉がある。
この言葉は、農耕民族に言えることかもしてないが、自分の生活を
する場所に執着を持つということである。
若い人でも、自分の家がほしいという希望を持つ人が多いと聞く。
親が既に家を持っている。
土地がある。
即金で買うことができる。
このような人も中にはいるが、多くの場合、特に今の日本の風土では
長男以外は、自力で家を建てるという事が大半ではないかと思う。
そこで誰もが頼りにするのが住宅ローンだ。
住宅ローンを借りる際に果たして返してきるのだろうか?
ローンを返済し始めた時、経済的に窮屈な思いをしないだろうか?
みんな住宅ローンを借りる時は、不安になる。
ある時払いの催促なしの住宅ローンなどないのだ。
途中で払えなくなると大変みじめな思いをする。
その見通しを立てる必要がある。
たとえば、自分のもらっている給料。
今抱えているローンの額。
今ある貯金の額。
住宅ローンを払いだして時の返済額はいくらなのか。
そのバランスが取れていないと家を建てたばっかしにという後悔が生まれる。
これは、借りる側も貸す側も言えることだ。
大切な事は、新し家で家族が楽しく明るく健康的な生活を送る。
そのためのマイホームである。
その不安を払拭させ、安心できるために住宅ローンを借りる前に
事前審査と言うものがある。
銀行によってこの基準は様々だろうが、
ちゃんと払っていけるかどうかを専門家が判断すると考えるのが
事前審査という言葉を自分の味方として受け入れる事ができるのでは
ないだろうか。
では、事前審査にはどんな項目があるのだろうか?
一つ目に返済負担率というものがある。
これは、導きだす公式にあてはめて現在の状況を数値化することである。
要は、現在の給料、今抱えているローンなどから、住宅ローンの返済が
可能かどうかをみる指数になる。
言うまでもなく給料が低いと苦しくなるし、
住宅ローンの他にたくさんの返済額があるとこれまた苦しくなる。
だれしも家はほしい、しかし前述したように払えなけれなどうにもならないし
生活が窮屈になってもつらいだけである。
二つ目に自己資金割合というものがある。
簡単に言うと頭金になる貯蓄が
いくらあるか。
残りどれだけを住宅ローンに頼らないといけないのかということだ。
これは、一番目の返済負担率とも関係してくる重要な要素の一つである。
頭金が多ければ多いほど楽に決まっている。
その意味で貯蓄は非常に重要に
なってくる。
三つ目に勤務形態と勤続年数だ。
これだけ流動的な時代になってきたのであまり
重視していないかもしれないが安定した収入が将来にわたり見込めるかどうかを
見る。
以上のような項目でチェックするのが事前審査である。
住宅ローンを借りる時は必ずこの審査がある。
裏を返せば家を建てる人には大きな
目安になると思う。
家を衝動買いする人はいないだろう。
計画を持ってこの事前審査を
クリア―できるように望んでほしい。